社会統計学

2018年度社会統計学

後期 木曜5限 A606教室・CALL教室(A503)

シラバス(国際政策学部)
シラバス(人間福祉学部)

スケジュール

(2018/12/18更新)
1|9/27|イントロダクション|A606
2|10/04|数表とグラフ,データと変数(第1章)|CALL
3|10/11|変数の特徴:分布と中心(第2章)|CALL
4|10/18|変数の特徴:ばらつき(第3章)|CALL
5|10/25|変数の関係:クロス集計表(第4章)|CALL
6|11/01|変数の関係:平均値の比較と相関係数(第5章)|CALL
7|11/08|変数の関係:小テスト,原因と結果(第6~7章)|A606
8|11/15|統計的推測:母集団と標本,推測統計学とは(第9,10章)|A606
9|11/22|統計的推測:確率分布の考え方(第10章,配付資料)|A606
10|11/29|統計的推測:統計的検定,母平均の差の検定(第11,13章)|A606
11|12/06|統計的推測:小テスト,分割表の検定(第12章)|A606
12|12/13|統計的推測:統計的検定の事例,演習|CALL
13|12/20|アンケート調査の方法と留意点|CALL
14|1/10|Excelと統計ソフトの操作|CALL
15|1/17|ふりかえりとまとめ|CALL
―|1/31|試験|A606

[19/01/17]

Rのコード(プログラム)の例

○ベクトルを作って平均と標準偏差を計算する

x = c(29, 30, 31, 36, 36, 42, 45, 48, 48, 49, 50, 50, 50, 50, 50, 52, 52, 53, 53, 53, 54, 54, 57, 57, 58, 59)
mean(x)
sd(x)

○偏りのないコインを10回投げて表が0~10回出る確率

barplot(dbinom(0:10,10,0.5),names.arg=0:10,las=1)

○12個の乱数の和の分布

x= runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) + runif(1000000) -6
hist(x, breaks=50, col="grey", freq=FALSE)
curve(dnorm(x), add=TRUE)

○テキストpp.211~215のカイ二乗検定

chisq.test(matrix(c(424, 421, 277, 462, 349, 206), ncol=3, byrow=T))

[19/01/10]

アンケート演習用データ(「2014年度環境論初回アンケート」)

[18/12/20]

世論調査のリソース

[18/12/13]

論文の例

[18/10/25]

偏差値シミュレーション

Excel演習用データ

[18/10/11]

[18/10/04]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です