特別企画:レジ袋有料化

20080616.jpg

山梨県内では2008年6月30日からレジ袋が一斉有料化されます。エコジャーナル取材班は6月16日に、山梨県森林環境部環境創造課の上野さんにお話をうかがってきました。

レジ袋有料化の経緯

全県一斉のレジ袋有料化は「山梨県ノーレジ袋推進連絡協議会」において協議されてきました。この協議会は山梨県内自治体やスーパー、消費者団体で構成されています。レジ袋を削減しようという目的で、協議会は2007年8月31日より話し合いを進めてきました。そして、最終的にレジ袋の有料化に踏み切るということにたどり着きました。レジ袋の有料化に伴い課題は山積みとの意見もありましたが、事業者と消費者団体の前向きな意見により実現しました。合計9回の協議会が開催され、2008年6月10日に「マイバッグ持参促進とレジ袋削減に関する協定」の締結式に至り、6月30日より山梨県一斉レジ袋有料化がスタートします。

有料化を実施するお店とレジ袋の販売価格

下の表は、6月10日に協定を締結した18社の一覧です。レジ袋の販売予定価格は2008年6月10日現在のものであり、変更の可能性があります。レジ袋の大きさは各スーパーごとにことなり、県の指定のサイズはありません。また、協定を結ばず、独自にレジ袋の有料化を行っているスーパーもあります。

「マイバッグ持参促進とレジ袋削減に関する協定」締結事業者18社(107店舗)

連番事業者名実施店舗数実施予定日販売予定価格
1ユニー(株)26月30日5円
2巨摩野農業協同組合16月30日5円
3マックスバリュ東海(株)66月30日5円
4(株)オギノ336月30日5円
5(株)さえき56月30日5円
6(株)山交百貨店16月30日5円
7(株)セルバ86月30日5円
8(株)アマノ56月30日5円
9(株)かわすみ16月30日3円
10(株)深澤商事26月30日5円
11(株)日向136月1日3円
12(株)公正屋5H19.10.151円
13生協 コープやまなし1H13.15円
14(株)いちやまマート116月30日5円
15(株)イトーヨーカ堂16月30日5円
16生協 市民生協やまなし1H4〜使用中止
17(株)やまと10H20.3.212円
18(株)富士急百貨店16月30日5円
107

全国の動向

県一斉有料化をスタートするのは2008年4月1日の富山県に次いで、全国で山梨県は二番目です。市町村のレベルでは多くの自治体でレジ袋の有料化をスタート行っていて、環境省のホームページに情報が掲載されているそうです。 (環境省HPの情報

レジ袋有料会の目的と今後

今回のレジ袋有料化の第一の目的は、「レジ袋の削減」です。レジ袋有料化での利益は求めていません。今回の協定はスーパーマーケットが中心で、コンビニエンスストアやドラッグストアは含まれていませんが、県としてこれらのお店でのレジ袋の削減についても今後前向きに検討していきたいとおっしゃっていました。

取材後記

取材を終え、レジ袋有料化をきっかけとして、私たち一人ひとりもレジ袋辞退に積極的に参加していくべきだと思いました。そして山梨県全体の環境に対する意識が高まってくれればいいなと願っています。今までは、無料でもらえるレジ袋をわざわざ辞退するのは、高い意識を持っている人だけだったかもしれません。けれども、今回のレジ袋の有料化により、環境に対する意識が高まり、多くの人が行動(action)しやすい体制となります。日常的な買い物という行為を通して環境を考える、いいきっかけになると思いました。

(文責・みつもり、2008年6月30日掲載)

やまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: file20080616.jpg 791件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-30 (月) 12:20:35 (4067d)