やまなしエコ活動ファイル#001:NPO法人スペースふう

その1 スペースふうとは

「NPO法人スペースふう」は山梨県増穂町を拠点として活動するNPOで、そのユニークな活動から山梨県内だけでなく全国的にも広く知られています。私たちは2006年8月に、増穂町にあるスペースふう事務所を訪ね、理事長の永井寛子さんにお話をお伺いしました。

eaf001-1-1.jpg

スペースふう事務所外観

まず、永井さんのお話に入る前に、スペースふうについて簡単にご紹介していきましょう。

NPO法人スペースふうは、地域の活性化と女性の自立を目指して、1999年9月に山梨県増穂町の女性10人によって立ち上げられました。活動理念として、環境・福祉・教育・文化の4つを掲げています。設立当初はリサイクルショップを経営されていましたが、現在はショップは休止し,リユース食器レンタル事業と菜の花エコプロジェクトをメインのプロジェクトとしています。

リユース食器レンタル事業とは、リユース食器(洗浄して繰り返し使用できる食器)の貸し出しを行う事業です。現在、全国各地で行われているイベントで使用されている食器のほとんどが使い捨てのもので、その多くは廃棄処分時に有毒ガスが発生する心配のある発砲スチロール容器だそうです。そこでスペースふうでは、ゴミの減量や環境破壊をなくし、循環型の社会をつくることを目標としてこの事業を行なっています。

リユース食器のレンタル事業は全国初の試みであったこともあって、スペースふうのリユース食器は全国から貸し出しの申し込みがあり、各地のイベントで利用されています。今年の10月に開催された私たちの大学の学園祭でも、リユース食器を使わせていただきました。山梨県立大学でのリユース食器の導入は今年が初めてでしたが、4団体の模擬店に協力してもらい使用することが出来ました。

eaf001-1-2.jpg

県立大学大学祭でのリユース食器回収所の様子

また、山梨県内でのリユース食器の普及のとりくみとして、ヴァンフォーレ甲府のホームゲームや甲府武蔵野シネマ5でリユース食器が利用されています。ヴァンフォーレ甲府のホームゲーム会場では、リユース食器の回収をボランティアとして体験することが出来ます。ボランティアの内容は、試合会場の主に出入り口付近に設置されているリユース食器回収所で、リユース食器を返却しに来たお客さんにデポジット金(預かり金)100円を返すというものです。私たちもこのボランティアに参加し、リユース食器の仕組みを知ることができ、実際にゴミが減量されているということを実感しました。

次に、菜の花エコプロジェクトとは、休耕田を有効利用して菜の花を栽培・収穫・搾油し、菜種から採れた油を利用しようという事業です。このプロジェクトでは菜の花の栽培だけでなく、家庭から出る廃油を回収し、環境に負担の少ないディーゼル燃料作りも行っています。そして、菜の花の咲く時期には増穂町で菜の花まつりも行なわれています。このお祭りでは、菜種の油搾り機やバイオディーゼル車の展示、ソーラークッカーの実演、菜の花てんぷら無料試食会などがあります。

次回からは、リユース食器レンタル事業についての詳しいお話や、スペースふうの今後についてなど・・・インタビューの様子を連載していきたいと思います。ぜひ、ご覧ください!!

(2006/11/30掲載;文責:いしべ,やすえ)

「その2」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf001-1-2.jpg 621件 [詳細] fileeaf001-1-1.jpg 629件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-24 (月) 00:26:30 (4076d)