やまなしエコ活動ファイル#001:NPO法人スペースふう

その2 リユース食器レンタル事業について

今回からは永井さんに聞いたお話を内容別に載せていきたいと思います!まずは“リユースレンタル事業”の貸し出しシステムや洗浄システムについてのお話です。

貸し出しシステム

私たちは『貸し出す→使う→汚れたまま返す』という貸し出しシステムを使っているんです。汚れて返ってきた食器をスペースふうでキレイに洗浄し、包装してまた貸し出しています。こういうシステムが、借りる側にとって使いやすいんですよ。

洗浄をきちんとやるというシステムを作ったのは、スペースふうなんです。全国でこのシステムを使っているのはスペースふう以外になかったんですよね。だから北海道から九州までこのシステムのリユース食器を使いたいって注文が来るんです。

今、全国にはボランティアでリユース食器の貸し出しをやっているところがいくつもあります。前はタダで食器を貸しますよってところがあったんだけど、最近は安いお金で貸しますよってところが増えていているんです。だけど、そういうところは食器を洗う設備はないから、「食器を洗ってから使ってください、そして、使い終わったらまた洗って返してください。」っていうやり方なんですね。そうなると、主催者(食器を借りる方)は2回洗わなきゃいけなくて、面倒くさくなっちゃう。主催者だって、たくさんの量を洗うのは、洗浄施設がなきゃ大変でしょ。だから、リユース食器がなかなか広まっていかないんじゃないかって思ったんです。

私たちは、いかに使い捨て食器のゴミを減らすかっていうのを主眼においているんですね。そのためには、リユース食器が使い捨て食器と同じ便利さでないと、皆さん使ってくれないんじゃないかって思ってこのようなシステムを使っているんです。

eaf001-2-1.jpg

手洗いの様子

洗浄システム

洗浄のシステムは『手洗い2回→洗浄機→乾燥庫→検品→小袋・コンテナ詰め』というやり方をしています。

主催者から返ってきた食器には、カビや食べ残しなんかが付いていて、機械だけじゃ絶対に落ちないの。だから手で下洗い2度ぐらいするのね。最近、気泡式の洗浄機を入れたんですけど、手でかなり洗ってから洗浄機にかけるんですよ。

そのあと乾燥庫に入れて、食器を温風で乾かして消毒するんですね。乾燥庫から出したあとは、6畳のプレハブの検品室で検品するんです。手洗いや洗浄機にかけても落ちない汚れがあるから、最後に汚れがちゃんと落ちているか確認するの。そして、食器を小袋に入れて、コンテナに詰めて持って行くんです。

eaf001-2-2.jpg

検品の様子

以上がリユースレンタル事業の貸し出しシステムや洗浄システムについてお伺いしたお話です。 次回はスペースふうについて、より詳しいお話を載せていきますのでお楽しみに♪

(2006/12/19掲載;文責:いしべ)

「その1」へ「その3」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf001-2-2.jpg 775件 [詳細] fileeaf001-2-1.jpg 774件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-23 (日) 20:23:40 (4257d)