やまなしエコ活動ファイル#001:NPO法人スペースふう

その3 多数決と時給

新年あけましておめでとうございます! 2007年最初のエコジャーでは、引き続きスペースふう理事長の永井寛子さんにお聞きしたお話を掲載します。今回はスペースふうの経営についてのお話です。

多数決はとらない

私たちは重要な話になればなるほど、多数決はやめようって方針になっているんです。例えば、飲み物を麦茶にしようかコーヒーにしようかなんて多数決でいいの。でも、これからこのスペースふうがどういう方向に行こうかみたいなね、そういう重要な話では多数決では決めないんです。最後の1人が納得するまで話し合おうっていうかんじでやっているんですよ。

実は最初ね、リユース食器レンタル事業を始めようって言ったとき、理事会で全員から反対されてすごかったんです。『出来るわけないじゃない、私たちに。もしそんなことが出来るんだったら、とっくに大手がやっているはずだ。』って。つまり、事業として成り立たないから大手だって手を出さないだけで、私たちに出来るわけがないって。だけど、『重要な話では多数決では決めない』って方針があるから、私はみんなから反対されても諦めなかったんです。

本当に出来ないのか、出来るかもしれないのか、『調査・研究期間を1年間もちましょう。1年たってダメだったらやめましょう。もし可能性があるんだったらやろう。』っていうことになったんです。私はすぐに始めたかったんですけどね。それで、調査・研究期間の1年間の間にアンケートをとったり、専門家の話を聴いたりいろいろな準備をして。

まぁ、1年経って最後の1人が納得してくれたから、『さぁ、みんなでやろう。』っていうゴーサインが出たんです。うちはみんなでわーっと行くから、あれよあれよという間に進んでって、いざやると早いんですよ。

それまでここはリサイクルショップだったんだけど、経済産業庁に環境コミュニティビジネスのモデル事業として採択されたのをきっかけに、リサイクルとかコミュニティ喫茶とかお弁当とか全部やめて、改築してリユース食器をやるようにしたんです。

eaf001-3-1.jpg

スペースふう事務所にて

時給はどれくらいか?

最初10人いて、その中の2人が辞めて、1人新たに入ってきて、今理事は9人なんですよ。1年目は時給ゼロでした。それが2年目に200円になって、今3年目で400円なんです。だから、家計がやりくりできなくて、別の仕事を主にしている方もいます。その人たちは理事っていう自覚はちゃんと持っているけど、もう一つの仕事にも行かなくちゃいけない…というのがあるから、今、ふうを時間的にも気持ち的にも重点的にしたいって言う人は5人しかいないんです。でもその5人も、ふうだけの収入じゃやっていけないから、それぞれ他の仕事を持っているんです。

けど、5人だと絶対やっていけないから、他に仕事を手伝ってくれる方をお願いするんだけど、時給400円じゃ誰に来てもらえるかって思ったんですよね。でも不思議なことに、ふうにはそれでも来たいって人が来てくれるんです。お金じゃなくて、ふうでやっている事に共感・共鳴して来てくれる人達に私たちは支えられている。そういう人たちを含めると、今15・6人の人たちが自分の空いている時間に来て交代でやってます。そういう人達も全部平等に時給400円なんですよ。つまり全員同じ時給なんですね。

NPOって皆だいたいお金がない人たちがやるんだけども、お金がないなりにどうしてもボランティア的な活動が多いですよね。もらいすぎてはいけないけど、NPOだからといってボランティアではなくて、NPOだからこそ自分たちの労働に対する対価はきちんと、世間並みは貰いたいなぁって思っているんです。まだとっても世間並みにはいかなくて、世間並みの半分ぐらいの400円ですけどね。世間並みのきちんとした報酬を貰って初めて1人前の扱いをされるかなって思ってるから、まだ半人前って感じがするんですよね。

やっぱり自分たちが経済的に自立していかなければ地域経済活性化はできないから、私たちがまずこの地域の中でしっかりと基盤を作っていかなければいけないな、っていう責任は感じています。

それでは次回をお楽しみに・・・☆

(2007/01/10掲載;文責:やすえ)

「その2」へ「その4」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf001-3-1.jpg 622件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-24 (月) 00:27:44 (4256d)