やまなしエコ活動ファイル#001:NPO法人スペースふう

その4 バイオマスプラスチックと地域活性化

引き続きスペースふう理事長の永井寛子さんにお聞きしたお話を掲載します。

ゴミは出しません

私たちはリユース食器を10個とか20個単位で小袋に入れて、コンテナに詰めて貸し出すんですね。でも使う方としては小袋がゴミになるじゃないですか。たくさん注文したところは小袋がものすごい山になっちゃう。だけどスペースふうでは、小袋も生分解できるバイオマスプラスチック[1]だからゴミにならないんですよ。汚れても何でもいいから必ず返してもらって、九州工業大学でバイオマスプラスチックの研究をしている白井義人教授のところに送るの。そしてそこで、小袋をケミカルリサイクル(酵素分解)すると、良質のポリ乳酸が出来るんだそうです。

これからの時代は、石油系ではなくてバイオマスの時代になっていくだろうし、私たちも積極的にバイオマスの食器を使ってかなきゃいけないという方向性はあるんですね。だけど、今は食器を作る費用が高くて…。バイオマスプラスチックの食器は出回っていけばだんだん安くなるので、コストを下げるために、国は愛知万博で広めようとしたの。でも愛知万博が終わったら、それで終わっちゃって広まらなかったんです。愛知万博のような閉鎖された中で使うだけではだめなの。愛知まで行かなくても、近所のお祭りに来たお年寄りから子どもまで、これがバイオマスプラスチックか、って分かる、そういう普及の仕方をしなくちゃ。それで私たち農林水産省に行って「愛知万博で出来なかったことをスペースふうがします。」って言ったの。そしたら「ぜひ一緒にやりましょうって」ことになって、農林水産省と白井義人教授と企業が連携してくれて、低コストでバイオマスプラスチックの食器を作ることができたんです。

今、スペースふうにあるバイオマスプラスチックの食器は、他の食器にみたいにふうで洗浄はしないのね。この食器は使いきりタイプの食器なんだけど、絶対ゴミ箱に捨てないで返してもらうんです。そして、汚れたまんま九州に送ると、小袋と同じようにこの食器もきれいに生分解されてゴミにはならないの。

[1] バイオマスプラスチック:とうもろこしなどのでんぷんや、食品廃棄物等のバイオマスによって作られる生分解性プラスチック製品のこと。植物などを原料としており、微生物によって最終的に二酸化炭素と水に分解されること、塩素を含んでいないこと、燃やした場合焼却温度が紙と同じ程度といった点が普通のプラスチックと異なっている。岡山バイオマスプラスチック研究会

eaf001-4-1.jpg

バイオマスプラスチックのカップと小袋

増穂町から全国へ

私たちはもともと地域活性化、常に地域に軸足を置いているの。どんなに全国に発信しようがなにしようが、増穂町というところを大切にしたい、増穂町の中で経済を動かしたいってところからはじまったのね。だから金型を作るのも、金型から製品にしてくれる成型屋さんも増穂町なんです。そうすると、すごく安くしてくれたり、色々わがままもきいてくれたりするの。そういう意味では地元でやってよかったなって思うんです。

スペースふうを支援してくれる企業も、はくばくの社長とか増穂町が多いのね。リユース食器レンタル事業を始める前に、山梨大学の伊藤洋教授の紹介で、はくばくに行って「私たちこういうことしたいんです」って言ったら、はくばくの社長がすごく感動してくれて、協力してくれることになったの。そして五社が発起人になって『スペースふうの活動を支援する会』っていうのを作ってくれて、今こうやってスペースふうが成り立っているんです。それでなかったら自分たちだけでは絶対に出来なかった。私たちはそういう人たちに応えるだけの活動をしなければならないっていう責任がすごく出てきて、時々ご挨拶に行ったり、その方たちを招いて報告会をしたりとかして頑張っています。

スペースふうさんが環境や地元を大切に思っている様子がとても伝わってくるお話でした。次回は拠点作りやふうネットについてのお話です。お楽しみに★

(2007/01/27掲載,文責:いしべ)

「その3」へ「その5」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf001-4-1.jpg 660件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-23 (日) 20:23:41 (4257d)