やまなしエコ活動ファイル#001:NPO法人スペースふう

その5 全国への拠点づくりと「ふうネット」

こんにちは。今回は、スペースふう理事長・永井寛子さんのお話から、リユース食器レンタル事業の全国への展開についての話題を掲載します。

全国にリユース食器を

2年目あたりから「はたしてこれでいいのかな」って気になってきたのは、山梨から食器を九州や北海道に遠くまで送るっていうこと。私たちは環境のためにやっているつもりなんだけれども、トラック輸送をするわけでしょ。遠くまでCO2を排出しながら。 はたして環境負荷はどうなのかって、そういうこともでてきたのね。あと、やっぱり遠くに運べばそれだけコストがかかるわけでしょ。それはお客さんの負担になるんですよね。

私たちは毎回いろんなところにアンケートをお願いしているんだけども、そのなかで自分たちの近場にこういう事業所が是非ほしいってアンケートの声にすごく多かったんですよ。それはもっともなことだと思います。私たちも、スペースふう1つが一カ所で、しかも山梨の増穂町なんてちっちゃいところから全国に発信するっていうのは限界があると思うんです。だから、全国各地にこういう事業所があれば、そこから広まって行くんじゃないかということもあって、去年あたりから拠点作りを始めたんです。

いままで「自分たちもリユース食器のレンタル事業をやりたい」って言って、ここに見学・研修に来た人たちはかなりいるんですけど、その人たちが地域に帰って、こういう事業を立ち上げるかっていうと、いろいろ壁にぶつかってなかなか始まっていかないんですね。いつまでたってもスペースふう一カ所。だから、始めたいんだけどなかなか始められない、そういう人たちをどうすれば後押しできるか、どうすれば設立の一歩を踏み出すお手伝いをできるか、ってことを考えて、設立支援をしようと考えたんです。私たちが最初この事業を始めるときに大変だったのは食器集めだったので、食器を提供するお手伝いをしたり、私たちが今持っているノウハウをぜーんぶ教えてあげようって考えているんです。

eaf001-5-1.jpg

事業開始1年時点での全国でのレンタル食器使用イベント数

ネットワークを結ぶ

ほかにも、まだ始まったばっかりで軌道には乗っていないんですけど、「リユース食器ふうネット」というのを作っているんです。スペースふうもそうだけど、お金ないし力もすごく弱いんだけども、でもお互いそういう拠点がネットワークを結べば、ぜったい社会を改革できる力が出るんじゃないか、影響力が絶対あるんじゃないか、と思っています。

そういうことでネットワークを結んで、拠点がつながっていこうっていうのを去年から準備を始めて、今年(2006年)の4月に実際に立ち上がりました。いま、九州、鳥取、岩手、東京・中野区の4カ所に拠点ができて、スペースふうがネットワークの事務局になっているんです。ゆくゆくはスペースふうのシステムを導入した事業所がどんどん広がっていけばいいなって。少なくとも一県に一つぐらい、広がっていったらいいなと思っています。

全国にリユース食器を広げていきたいという永井さんの熱意の伝わってくるお話でした。このお話をうかがった後、ふうネットのホームページも開設されています。http://www.spacefuu.net/fuunet/fuunet.html

連載は次回が最終回になります。お楽しみに!

(2007/10/29掲載,文責:よだ)

「その4」へ「その6」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf001-5-1.jpg 590件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-23 (日) 20:23:41 (4076d)