やまなしエコ活動ファイル#001:NPO法人スペースふう

その6 課題、そして永井さんの想い

これからの課題

食器の乾燥は機械がやってくれるけど、洗浄は2人くらいでやっているんですよ。本当はもっともっと入らなきゃいけないんですけど。(参照:その2 洗浄システム

だから今の経営体制で今後大丈夫かというのは非常に疑問です。もっと設備を整えるとか人員を増やすのはできますけど、採算面を考えると厳しいですし。経営面では私たちはまるっきり素人だから、専門の方たちに相談しながら、勉強会をしているんです。そして、今後どうすればいいのかを考えています。

また、意識を変えてリユース食器を注文してくれるのに、お断りするのは嫌なので、何とか頑張って応じるようにしようとしてるんです。けれど、やはりお断りさせていただくこともあるんです。在庫はしょっちゅう変わるので正確な数は言えないんですけど、8〜9万くらいあると思うんですね。それでも足りないです。だから食器数を増やすために、毎年新しく食器も作らないとならないので出費も大変なんですよね。

eaf001-6-1.jpg

リユース食器のコンテナの山

リユース食器レンタル事業への想い

もう(リユース食器レンタル事業は)引くに引けない、頑張るしかない、そんな感じです。さらにさらに、この増穂町から、この山梨からリユース食器が全国に発信できて、すごく大きなうねりになるといいなって思ってるんですけど。これは絶対なりますよね。私、確信しているんです。

・・・私ってすごく大風呂敷なんですよ〜。(笑)『ま〜た永井さん始まった。』ってみんなに言われるんです。でも、やりたいことを公表しちゃうと引くに引けなくなるから実現しちゃうんですよね、不思議なことに。

eaf001-6-2.jpg

いろいろなリユース食器

今回実際に洗浄の現場を見せていただいたり、リユースレンタル事業についての詳しいお話や、経営に関する貴重なお話をお聞きすることができ、よりスペースふうさんの活動について知ることができました。また、永井さんはとてもパワフルで気さくな方で、私たち学生は取材を通して永井さんに元気をいただいた気がしました! スペースふうの皆さん、永井さん本当にありがとうございました☆

スペースふうさんについての全6回の記事、いかがでしたでしょうか?すこしでも興味をお持ちになった方は、ぜひスペースふうさんのHPご覧になってくださいね☆

(2007/11/12掲載,文責:やすえ)

「その5」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf001-6-2.jpg 555件 [詳細] fileeaf001-6-1.jpg 562件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-24 (月) 00:29:57 (4135d)