やまなしエコ活動ファイル#002:集まれ、乙女高原草刈りボランティア!

その1 乙女高原と乙女高原ファンクラブについて

eaf002-1.jpg

はじめに

みなさんは、『乙女高原の草原を守る! 集まれ、乙女高原草刈りボランティア!』というイベントをご存知ですか? これは、「勤労感謝の日に、乙女高原の草刈りをしよう」というもので、2006年で7回目を迎えました。毎年200人を超える人々が県内外から集まり、乙女高原のために汗を流しているそうです。

私たちは、2006年11月23日に行なわれた第7回草刈りボランティアに参加しました。その様子は次回の記事に掲載します。今回はまず、乙女高原と、乙女高原を守る活動をなさっている「乙女高原ファンクラブ」という団体をご紹介します。

乙女高原とは?

乙女高原は、山梨市牧丘町と甲府市との境、秩父山塊のふところに位置する県有林の中にあります。春から秋にかけて、多種多様な花々が咲き乱れる高茎草原です。特にレンゲツツジが有名です。

乙女高原は森林の中にぽっかりと空いた草原です。どうしてここだけが森林でなく草原なのでしょうか。実は、乙女高原は人の手が入ることによって草原であり続けてきたのだそうです。

乙女高原ファンクラブ代表世話人の植原彰さんは、「乙女高原は少なくとも150年前から草原だったようです。農業を営む人々が草を刈り、利用してきたそうです。」と教えてくださいました。1952(昭和27)年以降は、山梨県初の本格的スキー場として使われてきました。スキー場のために毎年草刈りが行われることで、乙女高原は草原の状態を保ってきたということです。

現在のようにボランティアによって草刈りが行われるようになったのは、2000年3月にスキー場が閉鎖されたことがきっかけでした。スキー場の整備がされなくなり、そのまま人の手が入らなくなれば、乙女高原は草原の姿を保てなくなります。そこで、山梨市(当時は牧丘町)、山梨県、乙女高原ファンクラブ(当時は乙女高原の森連絡会儀)が協働し、ボランティア・イベントとして草刈りを存続させることにしたのだそうです。

乙女高原の草原は、人の手が入ることによって守られている「自然」なのですね。

乙女高原ファンクラブとは?

乙女高原ファンクラブは、「乙女高原の自然と、人と自然の関わりを守り、育てよう」という趣旨の下、2001年4月に設立された団体です。入会費や年会費は徴収せずに、乙女高原に関心を持つ人からの寄付や、企業等からの助成金によって運営されています。現時点ではNPOではありませんが、植原さんは「"ボランティア"という形に拘っているわけではありません。自然保護活動を続けていく上で必要性が出てくれば、今後はNPOとして運営していく可能性もあります。」と考えていらっしゃるそうです。

活動内容は、乙女高原の遊歩道作り(ロープ張り)や草刈り、自然観察会や乙女高原案内人の育成・派遣、マルハナバチ調べ隊、乙女高原フォーラム、会報作りやホームページの開設など。魅力的な乙女高原を保持し、訪れた人々を自ら案内することで、乙女高原を愛し、更にはともに守ってくれるファンが増えることを願いながら活動しています。

なお、今年の乙女高原フォーラムは、1月28日(日)に開催されます。詳細は こちら をご覧ください。

乙女高原、乙女高原ファンクラブの詳細は、乙女高原ファンクラブのホームページをご覧ください。

次回の記事では、草刈りボランティアをみなさんにも追体験していただきたいと思います。お楽しみに!

(2007/01/19掲載;文責:おぎはら、ごとう)

「その2」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf002-1.jpg 669件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-24 (月) 00:31:34 (4256d)