やまなしエコ活動ファイル#003:生活協同組合コープやまなし

その1 コープやまなしについて

2007年6月11日、やまなしエコジャーナル取材チームは、生活共同組合コープやまなし(以下「コープやまなし」)の本部事務所を訪問し,環境対策室事務局長の田中明雄さんにお話を伺いました。

eaf003-1-1.jpg

コープやまなし本部事務所外観

コープやまなしとは

コープやまなしは、1962年4月2日に「山梨県労働者生活協同組合」として設立され、その後,「郡内労働者生活協働組合」と合併して、1992年4月1日に現在の名前に変更されました。2006年度末現在で組合員の数は39,740人ということです。

コープやまなしの主な事業は,首都圏を中心とした10生協が連携する「パルシステム」による個人宅配によって,組合員の暮らしをサポートすることです。ですが,事業はそれだけにとどまりません。組合のミッションとして「私達は、健康と文化を育む助け合いと感動に満ちたくらしを創造し、自然(環境)と人が共生する自立と協同の社会づくりに貢献します」という言葉を掲げ,さまざまな社会貢献事業をおこなっています。

なかでも環境に関しては多岐にわたる活動が展開されています。配送車両のアイドリングストップや,事務所のエコオフィス化など,通常の事業活動においても環境に配慮した実践が進められています。さらに,バイオ・ディーゼル燃料の推進など,地域の環境活動を広げていく取り組みも実施しています。

環境活動の経緯と環境対策室

コープやまなしの最初の大きな環境活動は、1984年に始まった牛乳パック回収運動です。牛乳パックのリサイクルは今でこそ全国どこでもおこなっていますが,活動発祥の地は山梨県・大月市。そして,コープやまなしが全国で最初に牛乳パック回収運動に取り組んだ生協だということです。

1995年には環境対策室が発足し,本格的に環境への取り組みが進められていきます。事業活動におけるリサイクルや省エネの推進を進め,2000年には環境マネジメントの国際規格であるISO14001の認証を受けました。

「コープやまなしの環境活動の全面的サポートや、環境活動をコープやまなしの事業に反映させることが私たちの仕事なんです」と、田中さんは環境対策室の仕事内容について話してくれました。対策室のメンバーは本部や配送センターの環境推進責任者から構成されていて,唯一の対策室専任である事務局長の田中さんが,対策室のさまざまな実務を取り仕切っているとのことです。

環境対策室は,コープやまなしの単独事業をおこなうだけでなく,行政や環境活動団体と一緒に,環境活動を地域に広げる取り組みもおこなっています。対策室は,いろいろな団体とコープとをつなぐ窓口の役割も果たしているのだそうです。

次回以降,コープやまなしの環境活動についてさらに詳しく紹介します。お楽しみに。

(2007/11/07掲載;文責:もちづき)

「その2」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf003-1-1.jpg 610件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-24 (月) 00:34:03 (4076d)