やまなしエコ活動ファイル#003:生活協同組合コープやまなし

その2 コープやまなしの環境活動

コープやまなしの現在行われている環境活動は多岐に渡ります。そのことは、コープやまなしが毎年発行している「環境活動報告書」を見るとよくわかります。ここでは、報告書と環境対策室の田中さんのお話を参考にして、コープやまなしの環境活動をご紹介します。

eaf003-2-3.jpg

2007年環境活動報告書

事業における環境活動

まず、個人宅配などの事業活動を通じた環境配慮活動があります。たとえば、商品を配送するのと同時に、牛乳パック、リユースビン、商品カタログ、ポリ袋、ミックスペーパーなどを回収して、リユース・リサイクルを進めています。前回も触れましたが、そもそも牛乳パックの回収運動がコープやまなしの環境活動への最初の取り組みでした。

また、「エコ・オフィス」と称して、事業所も環境に配慮した設備を整えています。太陽光発電、風力発電などの自然エネルギー設備や、雨水利用のためのレインポットを備えています。また、屋上を緑化し(薄層緑化)、CO2の吸収と断熱による省エネをはかっています。実際に私たちは事業所の本部を訪れたのですが、事業所とは思えないようなかわいらしい建物でとても興味深々でした。このオフィスは地域の方々にも開放され見学が可能です。気になる方は是非訪れてみて下さい。

そのほかにも、エコドライブの推進や、省エネルギーなど、事業における環境配慮を徹底しておこなっているとのことでした。

eaf003-2-1.jpg

本部事務所のエコオフィス案内図

eaf003-2-2.jpg

風力発電機

環境のための事業活動

コープやまなしでは、上に挙げたような事業の中での環境活動だけではなく、環境対策室が中心となり、地域と連携しながら環境問題に直接取り組む公益性の強いプロジェクト事業もおこなっています。

その代表的なものが、バイオディーゼル燃料事業です。これは廃食油を回収し、再生して燃料として利用しようというものです。コープやまなしでは、家庭から出る廃食油を回収し、企業と協力して燃料を精製し、自社の宅配用トラックで使用したりしています。また、地域や市民団体・企業など多くの人々と協働し、普及啓発活動を行っています。この取り組みについては、次回で詳しくご紹介します。

他にも、組合員参加の環境活動として、「マイカップ、マイ箸運動」や「クリーンエネルギーひろめ隊」があります。「マイカップ、マイ箸運動」とは、組合員のイベントや研修会が開催されるときにマイカップ、マイ箸を持参するように呼びかけるものです。「クリーンエネルギーひろめ隊」では、エコオフィス化の推進とクリーンエネルギー、自然エネルギー等の普及啓発が行なわれています。この「クリーンエネルギーひろめ隊」についても、この後の記事で取り上げますので、どうぞお楽しみに。

コープやまなしは実に様々な人々と連携し、環境活動への取り組みに力を入れています。このようにコープやまなしの環境活動が継続的にそして地域に根付いている背景には、情報を公開し、コミュニケーションを大切にしてきたコープやまなしの取り組みがあります。「コミュニケーションを大切にしなければいくら自分たちが良いことをしていても地域には広まらない」という田中さんのお言葉に、コープやまなしの強い想いを感じました。

(2008/01/22掲載;文責:ささき)

「その1」へ/ 「その3」へ/ やまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf003-2-3.jpg 511件 [詳細] fileeaf003-2-2.jpg 518件 [詳細] fileeaf003-2-1.jpg 499件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-22 (火) 11:52:05 (4046d)