やまなしエコ活動ファイル#004:石井迪男さん(山梨環境カウンセラー協会 会長)インタビュー

その1 甲府に来るまで

2007年12月19日,やまなしエコジャーナル編集部は,山梨環境カウンセラー協会会長の石井迪男さんにお話を伺いました。石井さんは,かつて横河電機株式会社で環境経営に取り組まれ,現在は山梨環境カウンセラー協会のほか,山梨県と甲府市の環境審議会委員や,甲府市地球温暖化対策地域協議会の副会長として活躍されています。石井さんは私たち学生の取材に気さくに答えてくださり,楽しい取材となりました。これから数回に分けてインタビュー内容を掲載します。

eaf004-1-1.jpg

石井迪男さん

編集部(以下「編」):今回は、石井さんがなさってきた環境への取り組みや,山梨環境カウンセラー協会についてお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

石井さん(以下,「石」):はい、よろしく。

:では、まずは石井さんご自身についてお伺いします。プロフィールを拝見したところ、「東京都立大学(現・首都大学)卒業」とのことですが、何を専攻されていたんですか?

:法経学部・経済学科で、金融論が専門でした。入学したのは昭和34年で、卒業は昭和38年です。

:横河電機に就職されたのはいつですか?

:卒業と同時に入社しました。23歳のときです。

:甲府に初めていらっしゃったのはいつですか?

:昭和47年に、甲府工場の建設本部の仕事をするためにきました。33歳でした。当時はまだ国母工業団地はなくて、先にできた工場が1つある以外は荒地でした。40〜45歳の5年間は秘書室長として本社に戻りましたが、他は山梨に居住しています。

:ずいぶん前からいらしていたんですね。山梨に永住することを決意なさったのはいつですか?

:昭和49年に工場がスタートするときには、甲府に骨を埋めようと思っていました。社長に「甲府に墓を買うぐらいの気持ちにならないと、こっち(甲府工場)の人たちと一緒に仕事できないよ」と言われて、こっち(甲府工場)の人間になりきって苦楽をともにしようと決意したんです。家族も同意してくれたので、すぐに東京の家を引き払いました。東京に戻ってからも、社長に「どこへでも好きなところに行かせてやるぞ」と言われたのですが、即座に「甲府に戻してくれ」と答えました。

:その意気込みが、後の取り組みの成功につながったんですね! とはいえ、やはり最初は不安もあったんじゃないですか?

:そうですね、居住を決める前は、早く東京に戻りたいと思ったこともありますよ。交通面など不便なことばかりでしたし。でも実際に住んでみると、山に登るのもいいし、釣りやゴルフもできるし、良い所だなぁと感じるようになりました。

(次回につづきます!)

(2008/05/02掲載;文責:おぎはら)

「その2」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf004-1-1.jpg 725件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-02 (金) 10:55:34 (4005d)