やまなしエコ活動ファイル#004:石井迪男さん(山梨環境カウンセラー協会 会長)インタビュー

その2 横河電機での活動

前回に引きつづき,石井迪男さんのインタビューを掲載します。

eaf004-2-1.jpg

:横河電機では、いつ頃から環境に関する取り組みを始められたんですか?

:24年前(43歳)、秘書室長をしていたときのことです。社長から「社長講話で環境問題について話したいから調べろ」と言われたのがきっかけでした。それまで環境問題についてはそれほど真剣に考えていなかったのですが、調べる中で大変な問題なんだなと思うようになったんです。

:その当時から環境問題は注目を集めていたんですか?

:当時は景気が上り坂だったので、そこまで気にされていませんでしたけど、徐々にクローズアップされるようになっていました。

:甲府工場での取り組みは、いつ頃から始められたんですか?

:総務部長だった1986〜87年頃からです。環境問題に関心がある最中に甲府に戻ってきて、工場には生産活動や労務管理などの色々な仕事がある中で、環境問題もしっかりと位置づけをして活動しなければいけないな、ということで、工場の仕事の一部に加えることにしたんです。

:環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の取得にもご尽力されたと伺っていますが?

:はい、ISO14001は今から11年前、1996年に発効されたんですが、その前にも似たようなものがあったんですね。私たちは、それを研究しながら、96年の発効に向けて社内でもシステムを取り入れていこうと考えたわけです。まずは甲府事業所で取得して、よければ本社でも、というかたちでトップバッターを命ぜられたんです。私は事業所長だったんですが、進んで環境管理責任者も兼ねることにしたんです。横河電機は色々なところに工場がありましたが、甲府が最初で97年に取得しました。

:国母工業団地内の動きはどうでしたか?

:当時は、ちょうど私が工業団地の副理事長だったのですが、工業団地としても何かやらなければいけないなと思っていました。1992年のことになりますが、実は当時の天野知事からも「山梨県を環境首都にしたい。工業団地でも何かやってくれなか?」という話を持ちかけられていたんです。

:1992年というと、リオ・デ・ジャネイロで第1回地球サミットが開かれた年ですね。

:それに呼応して始めたのがゼロ・エミッション活動です。

(つづきます!)

(2008/05/07掲載;文責:おぎはら)

「その1」へ「その3」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf004-2-1.jpg 613件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-07 (水) 09:31:14 (4000d)