やまなしエコ活動ファイル#004:石井迪男さん(山梨環境カウンセラー協会 会長)インタビュー

その3 国母工業団地でのゼロ・エミッション活動

ひきつづき石井迪男さんに伺ったお話を掲載します。今回は石井さんの横河電機甲府事業所長時代の取り組みである,工業団地のゼロ・エミッション活動についてです。

eaf004-1-1.jpg

:ゼロ・エミッションというと、環境を汚染することのない生産工程を用いたり、異業種産業(企業)の連携によって廃棄物の再利用をしたりすることで、社会全体で廃棄物排出ゼロのシステムを構築しようという取り組みですよね?

:はい。でも、“ゼロ・エミッション”という言葉は、1994年になってから国連大学が言い始めたもので、私たちが取り組みを始めたのはそれ以前でしたから、“廃棄物の共同処理”と言っていました。

:世界の最先端だったんですね、すごい! でも、どうして廃棄物の共同処理に着目したんですか?

:それはね、工場から出る廃棄物の処分に困っていたからなんです。山梨県には産業廃棄物の処分場がないので、遠くまで捨てに行かなければならず、ものすごいコストがかかります。でも、廃棄物問題にしっかり対処しないと、その後の生産活動に支障をきたしてしまいますよね。それで私は、自分たちでなんとか処理できないか、廃棄物を出さない仕組みがつくれないか――つまり、処分場を不要とする世界を我々の手でつくれないか、と考えて、工業団地内で“廃棄物処理研究会”というものを立ち上げたんです。

:それは、どういう組織なんですか?

:当時の工業団地内の23社のうち、廃棄物をたくさん出す企業9社(全23社中)の方々に集まってもらって、廃棄物を出さない仕組みをみんなで考えようというものでした。コンセプトとして、ー社内で廃棄物を出さない仕組みをつくる、⊇个討た廃棄物は工業団地内で共同処理して“廃棄物”にしない仕組みをつくる、G儡物を資源化や再利用はできないまでも、中間処理で減容化する仕組みをつくる、という3つのステップを考えました。

:具体的にはどんなことをしたんですか?

:まずは工業団地内の廃棄物を全部調査して、今までは廃棄物だったものを資源化・再利用するという仕組みをステップを追ってつくりあげていったんです。

:なるほど。取り組んでみていかがでしたか?

:国連大学がゼロ・エミッションを提唱してからは、その時流に乗って、最先端の“ゼロ・エミッション工業団地”として世の中から評価されて、マスコミにも何度も取り上げられました。国連大学のモデルとして世界中から注目を集め、年間3000人という数の人たちが見学にきました。1995年頃からのことです。

:それだけ大成功を収められたということですね!

(つづきます!)

(2008/05/12掲載;文責:おぎはら)

「その2」へ「その4」へやまなしエコジャーナル・トップ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-12 (月) 13:50:02 (4116d)