やまなしエコ活動ファイル#004:石井迪男さん(山梨環境カウンセラー協会 会長)インタビュー

その4 ゼロ・エミッション活動での苦労

国母工業団地のゼロ・エミッション活動についての石井迪男さんのお話がつづきます。

eaf004-4-1.jpg

:大成功を収められた工業団地でのゼロ・エミッションの取り組みですが、さぞご苦労も多かったでしょうね。

:ええ、それまでやっていなかったことをやってくれるよう頼んだわけですからね、大変でした。工業団地内23社へ協力のお願いに行きましたけど、「面倒」「余裕がない」という風な抵抗が随分ありました。それまで捨てていた紙くず1つさえも、上質紙・新聞紙・雑誌・その他の紙という風に細かく分別して、焼却するのをやめていこうという取り組みは、1994年当時は考えられないことでしたから。

:処理業者の抵抗もあったんじゃないですか?“廃棄物をなくす”ということは、彼らの仕事がなくなってしまうということですよね。

:えぇ、「夜道を歩けないと思え」なんて言われたこともありました(笑)。40数社の中小零細の業者が入っていましたが、ほとんどが家族経営でしょう? そういう人たちが路頭に迷ってしまうということですからね。彼らの理解を得なくてはならない。そういう中で、処理業者の人たちで協同組合をつくってもらってみんながそこに参加して、協同組合としてゼロ・エミッションに協力してもらうことで、彼らの生き延びる道をつくるということもやりました。

:その協同組合というのはどういう仕組みになっているんですか?

:産業廃棄物の処理協会というのがあって、処理業者をまとめて協同組合化してくれたんです。それで、国母工業団地の協同組合と協同組合同士で話し合って、工業団地全体の処理の仕方を方向付けて、それにみんなが協力してもらえるような体制づくりをしたんです。

:なるほど。ゼロ・エミッションは、どのようにして進めたんですか?

:紙ごみ、プラスチック、生ごみ、の順に、3段階に分けて進めていきました。この取り組みは、国連大学のゼロ・エミッション活動マニュアルのモデルにもなったんですよ。

:世界中の人々のお手本となったわけですね! モデルがあると、きっと他の団体は取り組みやすかったでしょうね。

:ところが、こういった工業団地の共同処理というのは難しくて、国内では厚木にある内陸工業団地くらいしかないんじゃないでしょうか。

:そういった意味でも、国母工業団地は貴重な事例なんですね。他に苦労されたことはありますか?

:甲府工場がISO14001を取得した当時は、発効から1年後で取得する企業がわずかだったので、そちらにもモデルがなくて苦労したんですよ。勉強の毎日ですから、社内からも「こんな馬鹿げたことを…」という抵抗がありました。特に、技術部の抵抗が強かったです。でも、最終的に一番燃えていたのも技術部でした。なぜだか分かりますか?

:なぜですか?

:技術部が環境に調和した開発・設計をしなければ、絶対に大きな改善はできないんです。そこで、環境調和型の製品を作る方向に仕向けていったところ、ある技術者が大いに燃えてくれて、性能をまったく変えずに環境負荷を10分の1以下にした製品をつくりあげたんです。東京からも技術職が250人くらいきて、一体となって作り上げた製品は世の中で高く評価されるものとなりました。

:石井さんがいたからこそ達成できたことがたくさんあるんですね。

:そこまでもっていくには色んな人たちの協力もありましたけど、一方では反対もあったし、苦労といえば苦労でしたけど、素晴しいことができたと思います。

(つづきます!)

(2008/06/12掲載;文責:おぎはら)

「その3」へ「その5」へやまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf004-4-1.jpg 614件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-13 (金) 00:12:23 (4025d)