やまなしエコ活動ファイル#004:石井迪男さん(山梨環境カウンセラー協会 会長)インタビュー

その5 ゼロ・エミッションの成果の現れ

国母工業団地のゼロ・エミッション活動についての石井迪男さんのお話がつづきます。

eaf004-5-1.jpg

:大変な苦労をされながら取り組んでいらっしゃったゼロ・エミッションですが、効果はどのように現れましたか?

:やはり、廃棄物が資源として甦ったことが非常に好ましいですよね。それと、国母工業団地内でのいいコミュニケーションの確立へとつながったと思います。

:何か具体的なエピソードはありますか?

:工業団地内には古い生ごみ処理機が1つ置いてあるんですが、食事が終わったあとに各社から残飯を持ってきてもらって、計量してから処理機に入れるという取り組みをしています。そんな中で、みんなが1つの目標に向かって心を合わせたというのは、工業団地内でのまとまりにつながったと言えるんじゃないでしょうか。

:生ごみ処理機にかけた生ごみはどうなるんですか?

:肥料化して一宮の桃農家の方々に使ってもらっていたんです。それが桃農家の方々にも大きな影響を与えて、6軒で有機栽培の研究会をつくってくれたんです。今でも使ってもらっていますけど、そういう風に飛び火して、工業団地の外でも環境にいい行動が広がっていったんです。

:嬉しいですね。そういった波及効果について、他にエピソードはありますか?

:処理業者が、廃プラスチックを固形燃料にするプラントを1億5000万円かけて造ってくれました。廃プラスチックを固形燃料として有効利用する道筋をつくったということにおいては、処理業者にとっても1つのステップアップになったわけですよね。そんな風にして、いいかたちで農家や処理業者を刺激する大きな波及効果が生まれたことはよかったと思います。

:ゼロ・エミッションは、廃棄物をなくすだけではなくて、内外でいい関係をつくるきっかけになったんですね。

:成功体験というのがとても大事で、一度成功すると誇りが生まれて、次に向かおうという気持ちになるんですよね。国母工業団地で働く人たちも、世の中で評判になって、自分は誇りある工業団地で働いているという想いを少なからず持ってくれたんじゃないかと思います。働く上で、社会的にいいことをしている、そういうところで働いているというのは、ものすごい大きなモチベーションになるんですよね。

:誇りといえば、1998年に、日本経済新聞社の環境経営度調査で2位に選ばれたんですよね?

:ゼロ・エミッションに取り組んだことと、早い段階でISO14001を取得したことをかなり褒めてくれましてね。やったー、という感じでしたね、気持ちよかったです(笑) 評価されるというのもいい刺激になるんですよ。今まで「石井が勝手にやっていることで俺には関係ない」とそっぽ向いていた人たちも、世の中に評価されると、乗り遅れちゃいけないといって慌てて飛び乗ってくるんですよね(笑) そういうものなんですよ。しっかりやって早くいい評価をもらうという流れをつくればいいんです。

(つづきます!)

(2008/07/11掲載;文責:おぎはら)

「その4」へ「その6」へ?やまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeaf004-5-1.jpg 668件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-11 (金) 12:14:05 (3996d)