やまなしエコ活動・ミニレポート

#001:2007/11/25 甲府市環境リサイクルフェアとゆりかごプロジェクト

2007年11月25日、甲府市環境センターにおいて「環境リサイクルフェア」というイベントが開催されました。このイベントは、甲府市が毎年行っているもので、今年で第10回になるということです。私は、お手伝いと取材を兼ねて参加してきました。

参加する前までは、環境のイベントなので、真面目で硬い内容のイベントだと思っていたのですが、当日はさまざまな環境団体のブースや食事の屋台、フリーマーケットなどさまざまな企画があり、とても楽しい雰囲気でした。来場者の数も、自分の予想をはるかに上回る多くの方が足を運んでいました。今回の記事では、そのイベントの中で自分が気になったひとつのブースを取り上げて紹介していこうと思います。

sr001-1.jpg

自転車発電の様子

sr001-2.jpg

当日の会場の様子。とても広い会場でした

手作り太陽電池を途上国に

甲府市地球温暖化対策地域協議会のブースの中で、ソーラーバッテリーの工作をしていました。この活動は、全国で活動している「国際協力NGOソーラーネット」という団体が行っている活動で、「ゆりかごプロジェクト」といいます。手作りソーラーバッテリーを、ルアンダ・スリランカ・インドネシアなどの発展途上国に送るという活動です。そして、より多くの人たちが途上国の現状について知り、環境についてもっと深く考えてもらうために、今回の環境リサイクルフェアのような多くの人が集まる所で、ソーラーバッテリーの半田付けを実際に来場者に体験してもらっています。

sr001-3.jpg

ソーラーバッテリーの半田付けの様子

sr001-4.jpg

ソーラーネットの方がやり方を教えてくれました

ゆりかごプロジェクトの目的

現在、エネルギー資源を持つ国と持たない国があることによって、さまざまな争いや問題が起こっています。しかし、資源がない国や地域でエネルギーを作れるようになったとしたらどうでしょうか。このプロジェクトは、「自国で必要なエネルギーを自分たちで作る」という構造を構築することにより、いままで私たちが否応なしに進まざるをえなかった一極集中の社会とはまったく違う社会をつくっていこう、という大きな目的をもったものだということでした。

sr001-5.jpg

ソーラーバッテリーの半田付け

sr001-6.jpg

ソーラーカー

お話をうかがっての感想

最初はなんとなく立ち寄っただけだったのですが、そこにいたスタッフの方の情熱や活動理念に心を動かされました。国際協力と環境活動を結びつけた新たな「エコの世界」を知ることができ、とても勉強になりました。自国自産によってさまざまな争いをなくしていくことはもちろんですが、自分たちの地域でエネルギーを作ることにより、エネルギーを大切にする気持ちが生まれてくるのではないでしょうか。そして、それぞれの国が環境についての理解を深めることができるという意味でも、ちゃんと広めていきたい活動だなと感じました。

sr001-7.jpg

完成したソーラーバッテリー

sr001-8.jpg

発電テストは無事成功しました

(2008/01/08掲載,文責:もちづき)

やまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: filesr001-8.jpg 420件 [詳細] filesr001-7.jpg 417件 [詳細] filesr001-6.jpg 438件 [詳細] filesr001-5.jpg 426件 [詳細] filesr001-4.jpg 451件 [詳細] filesr001-3.jpg 419件 [詳細] filesr001-2.jpg 428件 [詳細] filesr001-1.jpg 432件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-27 (金) 10:38:57 (4070d)