やまなしエコ活動・ミニレポート

#002:2007/12/22 甲府中心街フットパス

はじめに

「あなたは甲府市中心街が好きですか?」

そう問われたとき、あなたなら何と答えますか? 恐らく、「好きです!」と即答する方は少ないのではないでしょうか。あなたは、「甲府市中心街には魅力がない」と思っていませんか?

近年の全国的な傾向として、郊外型の大型ショッピングセンターの台頭と、中心市街地のシャッター商店街化が目立っています。残念ながら、甲府市中心街も例外ではありません。多くの方々が長年努力されているものの、中心市街地活性化は難度の高い問題といえます。

この問題に、2007年4月から取り組んでいるのが、山梨県立大学の学生を中心とした「四菱まちづくり総合研究室(通称:よつびし総研)」という団体です。今回は、その取り組みの一つ、「あるもの探しプロジェクト」から生まれた「甲府市中心街フットパス」という新たな試みについてご紹介したいと思います。

※あるもの探しプロジェクトとは

このプロジェクトは、「甲府市中心市街地にしかなく、なおかつ人々にあまり知られていないお宝を4つのグループに別れ、それぞれの視点から調査・研究し、今後の地域振興事業の足がかりとする企画」(「第一回あるもの探し」企画書より)として生まれました。「第一回あるもの探し」の調査により、甲府市中心街に歴史的建造物が多いことに気付いたメンバーは、これを「近代文化遺産」として活用することを甲府市に提言し、注目を集めました。その後も、よつびし総研の調査・研究事業のメイン事業として活動を続けています。

※甲府市中心街フットパスとは

「フットパス」というのは、「自然や歴史文化に親しむ散策道」(「勝沼フットパス」HPより)のことです。「あるもの探しプロジェクト」では、甲府市中心街に存在する「近代文化遺産」や、その他の歴史的・特徴的な建造物などを結んだ散策道を検討しています。考案した散策道は、ガイドツアーやパンフレットなどを通して広めていきたいと考えているそうです。

甲府市中心街フットパス「あなたの足元宝箱」

2007年12月22日、「あなたの足元宝箱 〜私たち学生が甲府市中心街の歴史&現状をめぐる120分の旅にお連れします〜」と題したガイドツアーが開催されました。その目的は、「中心市街地をあらためて知ってもらい、郷土愛を育てる」(当日資料より)こと。甲府市中心街の隠れた名所を巡って、その魅力に気付いてもらおうというものです。

今回、やまなしエコジャーナル代表として、私・オギハラが参加してきましたので、ガイドツアーの様子をいくつかご紹介しますね。

image002.jpg

<10:05@よつびし総研・事務所>

開会式の様子です。

少し緊張した面持ちの7人は、ガイドを務める学生スタッフの皆さん。このとき受付をしていた2名を含めた9人が、今回のガイドツアーを企画・運営してくれました。

 
image004.jpg

<10:17@銀座通り商店街>

説明を受けて、いよいよガイドツアーに出発です!

全員で2ヵ所を見学したあと、二手に分かれて同一コースを逆方向から回りました。

みんなでゴミを拾いながら歩くという、画期的でまちに優しいツアーです(笑)

 
image006.jpg

<10:50@道祖神>

この道祖神は、道祖神祭りを廃止した際に撤去されたものを、後に別の場所に移築したのだそうです。

山梨県の道祖神には、写真のような丸い石を奉ったものが多いそうです。「こんな形の石は神様が創ったに違いない」と考えた昔の人々が信仰の対象とするようになったのだとか。

 
image008.jpg

<10:56@甲府カトリック教会>

ごく一般的な聖像に混じって、一体だけマゲを結った聖像を発見!!

トマス篭手田さんという肥前出身の日本男性で、1619年に斬首されて殉教された方なのだそうです。この教会と直接的な関係はありませんが、1928年に他の聖像とともに置かれることになったそうです。

 
image010.jpg

<11:51@県議会議事堂>

甲府駅のすぐ近くにある県議会議事堂は、実は1928年に建築された「近代文化遺産」なのです。

県議会開催中には、議員向けのクラシック演奏会が行われているそうです。一度は聴いてみたいものですね。

 
image012.jpg

<12:39@よつびし総研・事務所>

閉会式の様子です。

地元住民から神奈川県民まで老若男女が集い、甲府の魅力を再発見することができて、とてもいいイベントになりました。

学生スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

おわりに

「ガイドツアー」といえば観光地が定番かと思いますが、今回ご紹介したのはそれを中心市街地で行おうという一風変わった試み。「わざわざガイドするまでもないのでは?」と思われるかもしれません。でも、ただ“歩いている”だけだと気付かないことって結構あるんです。私は、甲府市中心街には度々足を運んでいますが、今回参加するまで知らなかったスポットがたくさんありました。また、普段何気なく通り過ぎていたスポットにも、意外な歴史があったことに驚きました。

仮にあなたが「甲府市中心街には魅力がない」と思っているとして、それはなぜでしょう? あまり歩いたことはなくても、先入観でそう決め付けてしまっていませんか? そんな方は、ぜひ一度甲府市中心街を“散策”してみて下さい。宝探しをするつもりで歩けば、きっとイメージが変わるはずです。

もちろん、それはどんな場所にもいえること。あなたにも、「いつもの通り道と1本変えただけで未知の世界が広がっていた」という経験はありませんか? 時間に余裕のあるときは、「今日はどの道を通ろうかな?」と考えながら帰ってみることをおすすめします。日常の中にも冒険を。小さな工夫で、毎日が楽しくなるかもしれませんよ。

(2008/06/27掲載,文責:おぎはら)

やまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileimage012.jpg 606件 [詳細] fileimage010.jpg 551件 [詳細] fileimage008.jpg 591件 [詳細] fileimage006.jpg 662件 [詳細] fileimage004.jpg 659件 [詳細] fileimage002.jpg 655件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-27 (金) 10:50:14 (4070d)