やまなしエコ活動・ミニレポート

#003:2008/01/15 横河電機甲府工場の見学

はじめに

2008年1月15日、横河電機甲府工場を訪問しました。甲府市地球温暖化対策地域協議会の活動の一環として工場見学が企画され、私たちもご好意でご一緒させていただきました。企業としての環境保全活動にいち早く取り組んできた横河電機甲府工場を見学できるのですから、どんな光景が待っているのか楽しみにしていました。ここでは、工場に関する説明や見学を通じて、私自身が気になったことを取り上げてみたいと思います。

eafm003-1.jpg
 

地域での取り組み

横河電機甲府工場では、工場内の環境保全活動はもちろんのこと、地域における活動も行われています。例えば、工場周辺にある鎌田川。この河川の環境整備に取り組もうということで、「花」を植えることが検討されているそうです。ホタルの発生地でもありますから、環境整備を通じてホタルがたくさん見られるようになるといいですね。そして、花を植える際には、是非私たち学生にも声をかけて頂きたいと思います。他にも、暑い夏に向けて家庭でも取り組むことのできるグリーンカーテンの設置が検討されています。こうした取り組みの裏には、工場における活動がモデルとなり、「甲府工場から山梨、そして世界へ」広げていきたいという想いがあります。視野は広く、行動は足元からという考えを身に沁みて感じました。

工場内での取り組み

工場内の取り組みは、環境負荷低減に向けた取り組みはもちろんのこと、他にも様々な取り組みが行われていました。工場内での省エネパトロールや、省エネとマイボトル運動を促す為の自動販売機の設置数の削減。食堂からでる「廃天ぷら油」を社員の送迎用通勤バスの燃料として再利用することも行われているそうです。正直なところ、工場で行われている環境対策に関する機械が高度なものであったため、私にはその仕組みを理解することができませんでした。しかし実際に行われていることは、省エネやゼロエミッション、効率良く無駄のない作業など、その言葉の裏にあるものは、私たちの家庭でも実践できることでした。それは、節電や省エネ、いかにゴミを出さない(無駄のない)生活をするかということではないでしょうか。規模は違うけれど、その土台となっているものは家庭、個人の生活に基づいているものだと感じました。

eafm003-2.jpg
 

(2008/07/11掲載,文責:ささき)

やまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeafm003-2.jpg 640件 [詳細] fileeafm003-1.jpg 669件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-11 (金) 12:02:22 (4056d)