やまなしエコ活動・ミニレポート

#005:2008/05/18 乙女高原の遊歩道作り

2008年5月18日に標高約1700メートルの乙女高原で行われた遊歩道作りに参加してきました。そこでの活動内容、感じたことなどについて報告したいと思います。

乙女高原は周りを森で囲まれています。そのために乙女高原の草原はほうっておくと森になってしまいますが,毎年冬になる前の時期に草刈をすることで草原が保たれているそうです。このように乙女高原の草原は人の手が加えられて守られてきたものです。

乙女高原の草原には特有の植物などもあります。春から秋には多くの人が訪れて自然を楽しみます。ですがそのために自然を壊すようなことがあってはいけません。そのために遊歩道を作り、遊歩道以外の場所に人が立ち入らないようにしています。今回はその遊歩道作りのお手伝いをしてきました。

eafm005-1.jpg

ゴミ拾い

遊歩道は杭を打ち、ロープを巻いて作ります。遊歩道を作る前にごみ拾いをして草原をきれいにします。遊歩道にはコースがいくつかあって乙女高原の自然をよく観察することができます。午後からは自分たちの作った遊歩道を通り乙女高原のミニ観察会もしました。

eafm005-2.jpg

杭打ち

eafm005-3.jpg

ロープ張り

乙女高原での活動は乙女高原ファンクラブの方々が中心になって行っています。ファンクラブは自然が好きな方々や乙女高原の自然を守りたいと思っている方々が集まり設立されています。

ファンクラブには乙女高原の自然の説明をしてくれる「乙女高原案内人」という方がいます。午後から行われた観察会でもさまざまなお話を聞くことができました。案内人の方は私では気づかないところに目をつけていたり、将来この森がどうなるのか、などを考えていました。

案内人のお話では乙女高原には3種類のカバノキ科の木があるそうです。これらの木が標高の同じところに生えているのは珍しいとおしゃっていました。案内人の方々は乙女高原の植物についてとても詳しく、このほかにもいろいろと解説していただきました。

eafm005-4.jpg

ミニ自然観察会

今回の体験を通じて感じたことは、環境を守るためにはまずその環境のことを理解することが必要だということと、活動を続けていく努力が必要だということです。乙女高原ファンクラブの方々は、多くの人が環境と触れ合え、かつ環境を壊さないためにはどうすればいいのか考えていらっしゃって、とても勉強になりました。そして私自身も多くの自然に触れ合うことができとても楽しむことができました。次は乙女高原で有名なレンゲツツジが咲くころに訪れてみたいです。

(2008/11/06掲載,文責:おの)

やまなしエコジャーナル・トップ


添付ファイル: fileeafm005-4.jpg 664件 [詳細] fileeafm005-3.jpg 649件 [詳細] fileeafm005-2.jpg 620件 [詳細] fileeafm005-1.jpg 639件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-06 (木) 11:35:41 (3817d)