卒業研究テーマ一覧

○県大9期生(2016年度)

  • アートプロジェクトは地域コミュニティにどのような影響を及ぼすのか ―アートフェスタ貢川から見る小規模アートプロジェクトの可能性―
  • 統廃合後の小中学校施設利活用の状況から見る現在の課題点
  • 行政の景観整備事業による地域住民の景観意識への影響 ―山梨県身延町身延山門内地区・富士河口湖町河口地区を事例として―
  • 景観まちづくりにおける行政と住民の在り方 ―長野市善光寺大門地区を例として―
  • 町並みまちづくりに求められる住民の主体性 ―小諸市本町区を事例に―

○県大8期生(2015年度)

  • 田舎ビジネスによる地域活性化 ―芦川町における古民家ビジネスを中心として―
  • 限界集落における地域住民が求める地域活性化とは ――山梨県北杜市増富地域におけるえがおつなげての活動を事例として――
  • (政治学ゼミから移籍)集団的自衛権行使要件変更への閣議決定に至るまでの政治過程

○県大7期生(2014年度)

  • アートプロジェクトによるコミュニティ・エンパワメント―甲府市における事例を中心として―

○県大6期生(2013年度)

  • 人と人とのつながりの場の創出~富士河口湖音楽祭を事例に~
  • 地域活性化の活動団体が求める地域の「賑わい」について~南アルプス市芦安地域を事例に~
  • 中山間集落の将来と住民の「誇り」~甲府市黒平町を事例として~
  • クラインガルテン事業に求められるコミュニケーションのあり方-南アルプスクラインガルテンを事例に-
  • 職住一体が残る商店街の価値~甲府市銀座通り・朝日通り商店街を例に~
  • エコツーリズムに基づく観光地の環境保護-富士河口湖町の観光政策を事例に-
  • 町おこしに必要なもの~城端のアニメ観光事業から探る町おこし成立の条件~
  • 地域密着型のプロスポーツと地域社会~ヴァンフォーレ甲府の支援から見るプロスポーツへの支援の在り方

○県大5期生(2012年度)

  • 名水保全活動の成功要因を考える~山梨県内の活動を事例に~

○県大4期生(2011年度)

  • 中山間地域の限界集落における耕作放棄地と集落の対応~早川町早川集落、大島集落を事例に~
  • 獣害対策における専門家と住民の連携~早川獣害対策組合の取り組み中心に~
  • クラインガルテン導入による農業衰退地域の変容―山梨県甲斐市の事例に基づいて―
  • 食農教育・地産地消による地域のつながりの形成
  • 地域公共交通における行政の対応と市民のニーズの差異―山梨県中央市コミュニティバスの事例から―
  • 視覚障害者が歩行移動の際に利用する音環境について~同行調査による検討~
  • 甲府市のカフェ文化

○県大3期生(2010年度)

  • 自然環境の中で行う保育活動の現状と課題~「にこにこ森のようちえん&学校」を事例に~
  • 織物産業音と密接に関係した生活文化― 山梨県富士吉田市におけるサウンドスケープ調査―
  • アートを用いた環境活動~緩いつながりで組織されるエコアートネットワーク山梨を事例に~
  • (外部生)八ヶ岳南麓風景街道における景観施策の現状と課題~官民協働の活動
  • (外部生)地域伝統行事「垂木の祗園際」の継承に関する研究

○県大2期生(2009年度)

  • 中山間地域の地域づくりと人々の関係性~笛吹市芦川町農山漁村(ふるさと)地域力発掘支援モデル事業を事例に~
  • KIDS’ISO14000プログラムの意義と課題点
  • 古民家はなぜ守られるべき存在なのか~八ヶ岳南麓・谷戸地区を例に考える~

○県大1期生(2008年度)

  • 人々の手で保全される「自然」~乙女高原ファンクラブの活動を事例として~
  • 住民参加型ガイドブック制作は地域に何をもたらすか~山梨県南巨摩郡早川町を事例にして~
  • 自然資源を活用した観光振興と地域づくり~山梨県身延町におけるNPO法人みのぶ観光センターの事例から~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です