サウンドスケープ

「残したい“日本の音風景100選”」についての自治体アンケート(2017年1月)

1996年に環境庁(当時)が「残したい“日本の音風景100選”」を選定しました。日本サウンドスケープ協会ワーキンググループ「サウンドスケープ政策研究会」では、「100選」が立地する自治体を対象にその現状に関するアンケート調査を実施します。
→詳しくはこちらのページをご覧ください。

音の絵はがきづくり@市川大門(2016年12月)

2016年12月11日に山梨県市川三郷町市川大門地区にて音をテーマにした街歩きのイベント「市川大門“音の絵はがき”づくり」を開催しました。主催は日本サウンドスケープ協会のワーキンググループ「まち・音・ひと・ねっと」と北杜市を拠点にフットパスイベントを定期的に開催している「そろんそろんフットパス推進委員会」です。また、地元のまちづくり団体「市川マップの会」の一瀬さんに多大な協力をいただきました。私もこの企画のコーディネーターのひとりとなっています。私がこれまで関心を持ってきた「サウンドスケープ」「フットパス」「峡南地域の歴史・文化」について,ご縁をつないでひとつの企画にすることができました。当日は好天の下30名あまりで楽しく市川の町に耳を澄ませました。

日本サウンドスケープ協会

日本サウンドスケープ協会は、サウンドスケープという考え方を通して、「音と環境」に関して興味を持つあらゆる分野の研究者、行政関係者、教育者、企業、そして生活者の情報交流、意見交換を目的として1993年に設立された任意団体です。 箕浦は協会の常務理事・学術事業運営委員長を務めています。

録音など

私は音そのものを集めることには力を入れていませんが,いくつか置いてみます。

追悼のベルと静寂(Groningen, 2014)

新年の花火(Groningen, 2014)

クリスマスマーケットとチャイム(Bremen, 2013)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です