2018年度3年ゼミ生募集情報

2018年度3年ゼミ(国際政策課題演習)に関する募集情報です。情報を随時更新します。(2017年12月)
(最終更新日:2018年1月19日4:23 pm)

■【重要】ゼミ希望者への面談について
2018年度3年次ゼミ(国際政策課題演習)として箕浦ゼミを選択する学生は事前に面談をしてください。面談場所は研究室(B209)です。面談の指定時間は以下の通りです。

  • 1/09(火)18:10~19:00 終了しました(面談者1名)
  • 1/11(木)18:10~19:00 終了しました(面談者0名)
  • 1/16(火)18:10~19:00 終了しました(面談者1名)

以上の時間はアポなしで訪れてくれてかまいません。複数の学生と同時に面談することもあります。
他の時間でも授業や会議などがなければ対応できます。メールでアポイントメントを取ってください。(minoura★yamanashi-ken.ac.jp(★→@))

  • これまでの面談者数:計6名
    • 指定時間の面談者数:2名
    • 指定時間以外の面談者数:4名

■2018年度3年ゼミの概要
環境社会学・地域社会学の領域での研究について学ぶゼミです。

社会学的視点から地域社会に関して学び,各自テーマを設定して研究を行います。とくに,(1) 中山間地の生活環境文化,(2) 環境イメージ・感性と地域社会(景観・サウンドスケープ・アート),(3) 混住化社会とコミュニティを重点的な領域として扱います。
前期は文献を中心として社会学研究の基礎を学びながら,テーマを決定し研究企画を取りまとめます。後期は資料調査・フィールド調査に基づきゼミで中間報告をおこない,学期末には1万字程度のレポートを作成します。
ゼミは4年生と合同で実施します。夏季休業期間にゼミ旅行を実施する予定です。そのほかにもフィールド調査や公開報告会,レクリエーションなどのゼミ行事を企画します。

箕浦ゼミの専門領域については、「研究領域」や「卒業研究テーマ一覧」ほかこのサイトの他のページも参照してください。

■募集要件
募集人員は5名程度とします。地域マネジメントコースの学生を優先します。
事前面談を必須とします。希望者多数の場合は志望理由書の提出を求め,GPAと総合して選考します。