都市から地方への移住に関する調査

2016年度から「移住」をテーマとした調査プロジェクトに2年生ゼミで取り組んでいます。2016年度から3年間は甲府市を、2019年度からは早川町をフィールドにしています。成果を報告書や読みものにまとめていますので、興味のある方はご覧ください。

2019年度 やまぐらし in 山梨県早川町
2018年度 「移住して農業をはじめました」
2017年度 甲府市へのUターン・Iターンと地域社会に関する調査報告書
2016年度 甲府市への移住に関する調査報告書

(2020/10/15)


2016年度からゼミの調査プロジェクトとして「移住」を取り上げています。近年、都市部から地方への移住についての関心が高まっています。都市の側からは、以前からあった中高年の移住志向に加え、より若い世代においても地方への移住に関心が広がっています。人口減少を課題とする地方の側としてもこうした傾向を歓迎し、移住・定住を促進しようとする取り組みが増加しています。「移住」というキーワードは、地域社会や生活環境についての課題やこれからのあり方を考えるためのよい手がかりとなりそうです。

2016年度は2年ゼミの演習として、甲府市への移住者の方を対象とした聞き取り調査を実施し、移住の経緯や移住後の生活環境に関してお話を伺いました。このことから移住・定住を促進するための知見を得るとともに、地域の住みよさ・住みにくさを検討するための材料を得ることが目的でした。調査は山梨県立大学の実施する「地域志向教育研究プロジェクト」の一環としておこないました。

  • 2016年6月10日(金) 甲府市企画部地域振興課へのヒアリング
  • 2016年7月8日(金) 第1回移住者グループインタビュー
  • 2016年12月3日(土) 第2回移住者グループインタビュー
  • 2017年1月27日(金) 報告会
  • 2017年3月31日(金) 報告書完成

(2017/4/5)