地域セミナー「位置情報を活用した地域課題への取り組み」

○趣旨
 日本版GPSである「みちびき」(準天頂衛星システム)のサービスが2018年11月から開始されました。高精度で安定した位置情報の活用が可能となることから、交通・物流はもとより、土木、観光、農業、福祉などさまざまな分野での応用が期待されています。本セミナーでは内閣府で「みちびき」利活用の推進を担当する飯田洋氏を招いて最新情報を講演いただくとともに、現場からの事例や今後のニーズ・課題などについて来場者を交えて意見交換をします。

○日時:2019年3月5日(火)14:30~17:00

○場所:山梨県立大学飯田キャンパスA館6階サテライト教室

○内容
・講演:「準天頂衛星システム「みちびき」のサービス概要と利活用事例」
 (内閣府 宇宙開発戦略推進事務局 準天頂衛星システム戦略室 企画官 飯田洋氏)
・話題提供:「ドローンの活用事例」ほか
・参加者による意見交換

○主催:山梨県立大学国際政策学部環境社会学研究室
○後援:山梨県立大学地域研究交流センター

○コーディネータ:山梨県立大学国際政策学部教授 箕浦一哉

○お申し込み
以下のGoogleフォームまたはFacebookイベントページからお申し込みください。
Googleフォーム
Facebookイベントページ

○フライヤー
ご活用ください。
フライヤー1 フライヤー2 フライヤー3

○参考:みちびき(準天頂衛星システム)ウェブサイト http://qzss.go.jp/

地域セミナー「位置情報を活用した地域課題への取り組み」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です