研究会「「残したい“日本の音風景100選”」をめぐって」(2017/3/18)

私が関わっている研究会のご案内です。3月18日に東京でサウンドスケープに関する研究会を下記の通り開催します。議論に参加してくださる方ならどなたでもご参加いただけます。

====

研究会「「残したい“日本の音風景100選”」をめぐって」

日本サウンドスケープ協会で今年度から実施している
共同研究プロジェクトの一環として公開研究会を開催します。
1996年に環境庁(当時)が選定した「残したい“日本の音風景100選”」
事業を題材に,サウンドスケープの社会的展開に関して議論します。
この研究会はプロジェクトメンバー以外もご参加いただけます。
参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

・日時:2017年3月18日(土)13:00~18:00

・場所:熊本大学東京オフィス(田町駅徒歩1分)
  東京都港区芝浦3-3-6
  東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター4階407号室

・内容:
 ・話題提供1:「100選」自治体アンケート結果の速報
   大門信也(関西大学)・箕浦一哉(山梨県立大学)
 ・話題提供2:「100選」のビデオシリーズの構成について
   鳥越けい子(青山学院大学)・兼古勝史(武蔵大学他)
 ・話題提供3:「100選」と郷土愛
   上野正章(京都市立芸術大学)
 ・討論

・参加申込
 参加ご希望の方は以下のリンクで必要事項をお送りください。
 [参加申込フォーム

・お問い合わせ
 箕浦一哉(研究会世話人,山梨県立大学)
 minoura[at]yamanashi-ken.ac.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です