山梨県の移住政策について県庁でお話を伺ってきました

2019年6月6日に箕浦ゼミの2年生5名で山梨県総合政策部地域創生・人口対策課職員の伊東みきさんへの聞き取り調査を行いました!聞き取り内容は山梨県における移住政策についてです。


聞き取り調査の様子

山梨県では平成29年度より移住人口調査を実施し、長崎幸太郎知事になってからはより移住政策に力を入れています。また地域創生・人口対策課は県庁内の別の課や東京の大学とも連携して山梨の魅力の発信に努めているそうです。
今年8月には東京駅近くに新たな相談所が設立されたり、県内にも秋頃に甲府市のJA会館に情報提供の窓口が開設されたりと、さらに移住者を受け入れる体制が強化されます。今後の移住政策も注目していく必要がありそうです。

今回、初めての聞き取り調査だったので、話を聞くことに精いっぱいで疑問点やより深く聞くべきところまで頭が回らなかったのが反省点です。事前学習や事前学習の内容に対する理解もより必要であると感じました。
今回は山梨県庁の職員の方への聞き取りでしたが、県庁では実地的な政策ではなく環境を整備したり市町村を統括したりする役割が大きいと感じました。実地的な政策を学ぶため、機会があれば市町村への聞き取りも行いたいと思います。

今回は貴重なお話をありがとうございました!


中央右が伊東みきさん
(2年・土岐)

卒業研究発表会のお知らせ

山梨県立大学国際政策学部総合政策学科の卒業研究発表会が下記の通り開催されます。

  • 日時:2019年1月23日(水)10:30~17:00
  • 場所:山梨県立大学飯田キャンパスA館6階にて

箕浦ゼミからは下記の通り、11:30~12:00に2件、13:00~14:30に6件の発表があります。会場はA606教室です。どなたでもご来場いただけます。よろしくお願いします。
続きを読む

環境社会学ゼミ(2年・3年)報告会 開催のお知らせ

山梨県立大学国際政策学部総合政策学科・環境社会学ゼミ(箕浦ゼミ)では,2年ゼミおよび3年ゼミの研究報告会を開催します。今年度,2年ゼミは甲府市役所のご協力を得て,U・Iターン者へのインタビュー調査を前期に,甲府市南部の農村地域についての調査を後期に,それぞれ実施しました。また,3年ゼミでは各自テーマを定め,4年次での卒業研究に向けた個人研究を行ってきました。関心のある方はどなたでもどうぞご参加下さい。

  • 日時:2018年2月2日(金)15:00~18:00
  • 場所:山梨県立大学飯田キャンパスB207教室
  • 内容:
    • 第1部:2年生ゼミ報告 15:00~16:20
      • 甲府市へのU・Iターンの調査(報告5件)
      • 甲府市農村部の調査(報告6件)
    • 第2部:3年生ゼミ報告 16:30~18:00
      • 報告8件
  • 終了後,同会場にて懇親会をおこないます。

2017年度卒業研究

1月10日が卒業論文の提出締切でした。今年度の本ゼミの卒業研究は6件。タイトルは以下の通りです。

  • 首都圏外縁ニュータウンの居住実態とその変遷――山梨県上野原市コモアしおつを事例に――
  • サッカースタジアムにおけるリユース食器普及の意義と課題――ヴァンフォーレ甲府とスペースふうの取り組みを事例に――
  • 地元主導型ショッピングセンターをめぐる地域史――ライフヒストリーから見た地元商業と街の変化――
  • 農産物直売所を拠点とした都市農村交流と地域への影響
  • 地域における伝統芸能継承の現状――西嶋神楽の参与観察を経て――
  • 地域住民の「内発的やる気」が学生活動に与える影響――「河和田アートキャンプ」を事例に――

各研究ではフィールドワークなどで多くの方にご協力いただきました。心から感謝申し上げます。

1月24日(水)に学科の卒業研究発表会があります。箕浦ゼミは10時半から12時です。興味のある方はどうぞおいでください。会場は飯田キャンパスA館6階A606教室です。

夏休み

今年は前期の通常授業の終了が8月3日、定期試験期間の終了が8月10日でした。お盆を過ぎてやっと成績を提出し、小中学校の夏休みが終わろうとする8月下旬になってようやく夏休みらしくなってきた感じです。後期授業の始まりは9月22日で、国際学会への参加やゼミ旅行、後期授業の準備などしているうちに、夏休みはあっという間に終わりそうです。

新年度がはじまりました

年度が明け、キャンパスの桜もかなり花を開いてきたところです。明日は山梨県立大学13期生の入学式となります。新しい学生を迎えることを嬉しく思っています。

今年度の箕浦ゼミは4年生7人、3年生9人、2年生5人の計21人のメンバーで活動します。海外研修で不在となるN先生のゼミ生を受け入れたことで3年生ゼミが過去最大の人数になりました。せっかく大人数なので工夫して楽しいゼミ活動をしたいと考えています。

卒業研究発表会のお知らせ

山梨県立大学国際政策学部総合政策学科の卒業研究発表会を1月24日火曜日10時30分から17時まで開催します。場所は飯田キャンパスA館6階のサテライト教室・A606教室の2会場です。環境社会学ゼミからはサテライト教室にて10:30~11:45に5件の報告を行います。ご関心のある方はどうぞご来場ください。

  • 10:30 アートプロジェクトは地域コミュニティにどのような影響を及ぼすのか ―アートフェスタ貢川から見る小規模アートプロジェクトの可能性―
  • 10:45 統廃合後の小中学校施設利活用の状況から見る現在の課題点
  • 11:00 行政の景観整備事業による地域住民の景観意識への影響 ―山梨県身延町身延山門内地区・富士河口湖町河口地区を事例として―
  • 11:15 景観まちづくりにおける行政と住民の在り方 ―長野市善光寺大門地区を例として―
  • 11:30 町並みまちづくりに求められる住民の主体性 ―小諸市本町区を事例に―

「甲府市への移住に関する調査」報告会のお知らせ

山梨県立大学環境社会学ゼミでは今年度の2年生の演習の一環として,甲府市への移住をテーマとした調査を実施しました。移住者を対象とした2回のグループインタビューを実施し,移住の経緯や移住後の生活についてさまざまなお話を伺い,その結果を通じて甲府市の生活環境と移住・定住促進に関する考察を行いました。この成果に関してささやかな報告会を下記の通り開催します。ご関心のある方はどうぞご参加ください。

日時:2017年1月27日(金)10:30~12:00
場所:甲府市役所 市民対話室(本庁舎4階)

準備の都合上,参加ご希望の方はあらかじめ下記までご連絡をお願いいたします。

箕浦 一哉
minoura★yamanashi-ken.ac.jp(★を@に変えてください)
山梨県立大学 国際政策学部
総合政策学科 准教授