早川町へ移住してきた方にインタビューを行ってきました

[学生による報告を掲載します]

2019年9月15日、箕浦ゼミ(2年生6名+箕浦先生)では、早川町へ移住した方にインタビューを行わせていただきました。早川町へ移住した方の“生の声”を、これから田舎への移住を考える人に届けることがこの取材の目的です。快くインタビューに協力してくださった皆さん、ありがとうございました!

今回取材させていただいたのは、米山さん、尾澤さん、水野さんの3人。今年度末にゼミでこの取材をもとにして冊子を制作する予定ですが、このブログではその中から抜粋する形で一部を紹介したいと思います。
続きを読む

ワイナリーのリノベーションを体験してきました!

[学生による報告を掲載します]

6月24日に箕浦ゼミの2年3人と箕浦先生で山梨市にある旭洋酒さんを訪問し、セルフリノベーションに参加しました。

旭洋酒はもともとは共同醸造所として20年近く使われていたワイナリーで、平成 14 年に農家の減少を理由に解散し醸造免許と工場が売りに出されたものを鈴木さん夫妻が運命的に出会い、今は個人で経営をしています。
続きを読む

ゼミの活動で早川町へ行ってきました

[学生による報告を掲載します]

6月22日土曜日。私たち2年ゼミ生5名は箕浦先生の運転のもと早川町に行ってきました。この日の目的は2つ。1つは、午前中にNPO法人早川エコファームさんが行っている味噌作り復活事業の1つである大豆の種まき祭への参加、もう1つは午後に日本上流文化圏研究所(上流研)の上原さんのお話を聴くことでした。

車で約1時間半の道のりを経て早川町に到着。早川は見渡す限り山に囲まれていて空気が澄んでいるようでした。既に集合場所には種まき祭の参加者が集まっていました。 続きを読む

山梨県の移住政策について県庁でお話を伺ってきました

[学生による報告を掲載します]

2019年6月6日に箕浦ゼミの2年生5名で山梨県総合政策部地域創生・人口対策課職員の伊東みきさんへの聞き取り調査を行いました!聞き取り内容は山梨県における移住政策についてです。
続きを読む

『生活環境主義のコミュニティ分析』が出版されました

このたびミネルヴァ書房より刊行された『生活環境主義のコミュニティ分析:環境社会学のアプローチ』(鳥越皓之・足立重和・金菱清編著)に拙稿「「住み分け」による移住者のコミュニティ参加――山梨県北杜市大泉町の事例から」が収録されました。ご高覧いただければ幸いです。
出版社ページにて目次をご覧いただけます。

「日本の音風景100選」自治体アンケート結果を掲載しました

しばらくこちらの更新が滞りました。
2017年の前半に実施した「日本の音風景100選」に関する自治体アンケートについて、結果概要を取りまとめた報告書をこちらのページに掲載しました。ご関心のある方はどうぞご覧下さい。

環境社会学ゼミ(2年・3年)報告会 開催のお知らせ

山梨県立大学国際政策学部総合政策学科・環境社会学ゼミ(箕浦ゼミ)では,2年ゼミおよび3年ゼミの研究報告会を開催します。今年度,2年ゼミは甲府市役所のご協力を得て,U・Iターン者へのインタビュー調査を前期に,甲府市南部の農村地域についての調査を後期に,それぞれ実施しました。また,3年ゼミでは各自テーマを定め,4年次での卒業研究に向けた個人研究を行ってきました。関心のある方はどなたでもどうぞご参加下さい。

  • 日時:2018年2月2日(金)15:00~18:00
  • 場所:山梨県立大学飯田キャンパスB207教室
  • 内容:
    • 第1部:2年生ゼミ報告 15:00~16:20
      • 甲府市へのU・Iターンの調査(報告5件)
      • 甲府市農村部の調査(報告6件)
    • 第2部:3年生ゼミ報告 16:30~18:00
      • 報告8件
  • 終了後,同会場にて懇親会をおこないます。

「山梨エコユースフォーラム」10周年

10年前の今日、2007年9月29日に山梨県立大学で「山梨エコユースフォーラム」という環境イベントが開催されました。若者の環境活動を盛り上げたいとして2007年4月からイベントの実行委員会が活動を開始し、この日、本番を迎えました。大学生・高校生を中心にスタッフを含めて約90名の参加者があり、充実したイベントになりました。

この後、「山梨エコユースフォーラム」は学生環境活動団体の名称になり、学生が入れ替わりながら今日まで活動を続けています。2008年からスタートしたマヨネーズの着ぐるみを着ておこなうユニークな活動が一番多くの方に知られていると思います。そのほかにも歴代の学生たちがいろいろな活動をおこなってきました。

私は顧問として当初から関わっていますが、活動は完全に学生主体で、アドバイスやサポートはしてもリードすることはせず、学生がやりたいようにやってもらってきました。活動を立ち上げたみなさん、受け継いできたみなさんに、10周年のお祝いと感謝を伝えたいと思います。またこの10年間、「スペースふう」さんをはじめとして、多くの方に活動を支えていただきました。みなさまに心から感謝申し上げます。