山梨県の移住政策について県庁でお話を伺ってきました

2019年6月6日に箕浦ゼミの2年生5名で山梨県総合政策部地域創生・人口対策課職員の伊東みきさんへの聞き取り調査を行いました!聞き取り内容は山梨県における移住政策についてです。


聞き取り調査の様子

山梨県では平成29年度より移住人口調査を実施し、長崎幸太郎知事になってからはより移住政策に力を入れています。また地域創生・人口対策課は県庁内の別の課や東京の大学とも連携して山梨の魅力の発信に努めているそうです。
今年8月には東京駅近くに新たな相談所が設立されたり、県内にも秋頃に甲府市のJA会館に情報提供の窓口が開設されたりと、さらに移住者を受け入れる体制が強化されます。今後の移住政策も注目していく必要がありそうです。

今回、初めての聞き取り調査だったので、話を聞くことに精いっぱいで疑問点やより深く聞くべきところまで頭が回らなかったのが反省点です。事前学習や事前学習の内容に対する理解もより必要であると感じました。
今回は山梨県庁の職員の方への聞き取りでしたが、県庁では実地的な政策ではなく環境を整備したり市町村を統括したりする役割が大きいと感じました。実地的な政策を学ぶため、機会があれば市町村への聞き取りも行いたいと思います。

今回は貴重なお話をありがとうございました!


中央右が伊東みきさん
(2年・土岐)

『生活環境主義のコミュニティ分析』が出版されました

このたびミネルヴァ書房より刊行された『生活環境主義のコミュニティ分析:環境社会学のアプローチ』(鳥越皓之・足立重和・金菱清編著)に拙稿「「住み分け」による移住者のコミュニティ参加――山梨県北杜市大泉町の事例から」が収録されました。ご高覧いただければ幸いです。
出版社ページにて目次をご覧いただけます。

「日本の音風景100選」自治体アンケート結果を掲載しました

しばらくこちらの更新が滞りました。
2017年の前半に実施した「日本の音風景100選」に関する自治体アンケートについて、結果概要を取りまとめた報告書をこちらのページに掲載しました。ご関心のある方はどうぞご覧下さい。

環境社会学ゼミ(2年・3年)報告会 開催のお知らせ

山梨県立大学国際政策学部総合政策学科・環境社会学ゼミ(箕浦ゼミ)では,2年ゼミおよび3年ゼミの研究報告会を開催します。今年度,2年ゼミは甲府市役所のご協力を得て,U・Iターン者へのインタビュー調査を前期に,甲府市南部の農村地域についての調査を後期に,それぞれ実施しました。また,3年ゼミでは各自テーマを定め,4年次での卒業研究に向けた個人研究を行ってきました。関心のある方はどなたでもどうぞご参加下さい。

  • 日時:2018年2月2日(金)15:00~18:00
  • 場所:山梨県立大学飯田キャンパスB207教室
  • 内容:
    • 第1部:2年生ゼミ報告 15:00~16:20
      • 甲府市へのU・Iターンの調査(報告5件)
      • 甲府市農村部の調査(報告6件)
    • 第2部:3年生ゼミ報告 16:30~18:00
      • 報告8件
  • 終了後,同会場にて懇親会をおこないます。

「山梨エコユースフォーラム」10周年

10年前の今日、2007年9月29日に山梨県立大学で「山梨エコユースフォーラム」という環境イベントが開催されました。若者の環境活動を盛り上げたいとして2007年4月からイベントの実行委員会が活動を開始し、この日、本番を迎えました。大学生・高校生を中心にスタッフを含めて約90名の参加者があり、充実したイベントになりました。

この後、「山梨エコユースフォーラム」は学生環境活動団体の名称になり、学生が入れ替わりながら今日まで活動を続けています。2008年からスタートしたマヨネーズの着ぐるみを着ておこなうユニークな活動が一番多くの方に知られていると思います。そのほかにも歴代の学生たちがいろいろな活動をおこなってきました。

私は顧問として当初から関わっていますが、活動は完全に学生主体で、アドバイスやサポートはしてもリードすることはせず、学生がやりたいようにやってもらってきました。活動を立ち上げたみなさん、受け継いできたみなさんに、10周年のお祝いと感謝を伝えたいと思います。またこの10年間、「スペースふう」さんをはじめとして、多くの方に活動を支えていただきました。みなさまに心から感謝申し上げます。