山梨県の移住政策について県庁でお話を伺ってきました

[学生による報告を掲載します]

2019年6月6日に箕浦ゼミの2年生5名で山梨県総合政策部地域創生・人口対策課職員の伊東みきさんへの聞き取り調査を行いました!聞き取り内容は山梨県における移住政策についてです。


聞き取り調査の様子

山梨県では平成29年度より移住人口調査を実施し、長崎幸太郎知事になってからはより移住政策に力を入れています。また地域創生・人口対策課は県庁内の別の課や東京の大学とも連携して山梨の魅力の発信に努めているそうです。
今年8月には東京駅近くに新たな相談所が設立されたり、県内にも秋頃に甲府市のJA会館に情報提供の窓口が開設されたりと、さらに移住者を受け入れる体制が強化されます。今後の移住政策も注目していく必要がありそうです。

今回、初めての聞き取り調査だったので、話を聞くことに精いっぱいで疑問点やより深く聞くべきところまで頭が回らなかったのが反省点です。事前学習や事前学習の内容に対する理解もより必要であると感じました。
今回は山梨県庁の職員の方への聞き取りでしたが、県庁では実地的な政策ではなく環境を整備したり市町村を統括したりする役割が大きいと感じました。実地的な政策を学ぶため、機会があれば市町村への聞き取りも行いたいと思います。

今回は貴重なお話をありがとうございました!


中央右が伊東みきさん
(2年・土岐)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です